弁護士 三宅 淳

三宅 淳

弁護士

 miyake@miyake.law

 

82年福岡生れ。九大法学部中退。05年司法試験合格。07年司法修習 (60期) 修了後、渡豪し、ぶどう園等で働く。09年帰国後、弁護士登録 (第一東京弁護士会) し、都内の法律事務所、国際機関にて勤務。退職後、東南アジア、インドを周遊し、13年香港転居。現地の法律事務所にて勤務し、17年英国転居。18年帰国後、弁護士再登録 (福岡県弁護士会) し、三宅法律事務所設立。

専門はクロスボーダーの紛争解決。特に香港、南中国 (広州・深圳等) 、英国に独自の知見・人脈を持つ。ロンドン国際仲裁裁判所若手会 (YIAG) 、香港国際仲裁センター若手会 (HK45) の会員。18年7月、日弁連より、中小企業の海外展開支援事業の担当弁護士に選任される。

 

 

過去の取扱事例
  • 日本企業と中国企業の間で売買された機械の瑕疵を巡る紛争で、日本企業を代理し、香港国際仲裁センターにおいて7億円の和解裁決を得る。
  • 日本企業と中国金融機関の間の信用状を巡る紛争で、国際商業会議所 (ICC) に対し、DOCDEXの申し立てを行う。
  • 英国投資銀行とそのアジア太平洋支店長の間のボーナスを巡る紛争で、同支店長を代理し、訴訟を行う。

 


 

Jess Yueh

アシスタント

 jess@miyake.law

 

香港生れ。母語である広東語のほか、英語、北京語、日本語を話す。日系上場企業での勤務経験有り。当事務所では主に華人系依頼者を担当。